モバイル決済って何?導入メリットや種類別おすすめポイントを解説

モバイル決済って何? キャッシュレス決済

モバイル決済は、スマートフォンを用いて支払いを行う決済手段のことを指します。
スマートフォンで簡単に支払いができることで、「スムーズに支払いができる」、「お財布を持ち歩く必要がない」などの様々なメリットがある便利な決済手段です。

この記事では、モバイル決済の種類と導入するメリット・デメリットをご紹介していきます。店舗へモバイル決済を導入する際の方法もあわせてご紹介しますので、モバイル決済の導入を検討している事業者の方もぜひチェックしてください。

モバイル決済とは

モバイル決済とは、現金やクレジットカードではなくスマートフォンを用いて支払いを行う決済手段のことを言います。スマートフォン決済、スマホ決済とも呼ばれます。

今では、通常の支払いだけでなく駅の改札などの公共交通機関でもモバイル決済が多く利用されています。
スマートフォンの普及に伴い、モバイル決済の利用率もさらに上昇していくと見込まれています。

既に、多くの消費者が複数の決済手段を利用シーンに合わせて使い分けています。そのため、キャッシュレス決済の導入を検討している事業者の方は、クレジットカードだけでなくモバイル決済も利用できるようにしておくことで、より消費者の利便性を上げることができます。

モバイル決済の種類

モバイル決済には様々な種類があります。ここからは、モバイル決済の主な種類と利用者層をご紹介していきます。

コード決済

コード決済

コード決済とは、QRコードまたはバーコードを読み込むことで支払いを行う決済手段です。支払いは消費者のスマートフォンアプリを利用して行われます。

PayPayが急速に浸透したことをきっかけに、コード決済の普及率は年々上昇しています。
ちなみに、2023年10月時点でのPayPayの利用者数は6,000万人を突破しており、国民の2人に1人が使っている決済手段となっています。

コード決済は、銀行口座などから現金をチャージでき、クレジットカードがなくても利用できるため幅広い世代に利用されています。
主要サービスにはPayPay、LINE Pay、楽天ペイなどがあります。

支払い方法

支払方法には、
①店舗側が用意したQRコードをスマートフォンアプリで読み取って決済する
②スマートフォンアプリに表示されたQRコードまたはバーコードを店舗側の端末でスキャンして決済する
の2種類の方法があります。

①の決済方法の場合は、店舗側はQRコードさえあれば特別な決済端末を用意することなく導入することができます。

電子マネー

電子マネー

クレジットカードや交通系電子マネーなどをスマートフォンと連携させて支払うこともできます。
クレジットカードであれば、iDまたはQUICPayに対応していれば、スマートフォンにクレジットカードを登録し支払いができます。

SuicaやPASMOなどの交通系電子マネーや、楽天Edy等の流通系電子マネーもスマートフォンアプリを使えば、カードを取り出さなくてもスマートフォンで決済が可能です。

支払い方法

電子マネーをモバイル決済で利用する場合、スマートフォンを決済端末にかざすことで決済が完了します。電子マネーに対応したクレジットカード決済端末であれば、支払いが可能です。

Apple Pay、Google Pay

AppleのiPhone、GoogleのAndroidスマートフォンにはそれぞれ決済手段が搭載されています。

それぞれ、専用アプリにクレジットカードや電子マネーを登録すれば、スマートフォンをかざすだけで決済が行える仕組みになっています。

実店舗だけでなく、Apple Pay・Google Payそれぞれに対応しているECサイトなどでもクレジットカードを登録せずに決済することもできます。

Apple Pay

Apple Payは、iPhoneに搭載されている決済機能です。
クレジットカードや電子マネーなどを、iPhoneの「Wallet」アプリに登録することで、スマートフォンをかざすだけで決済ができるようになります。

以下の決済手段が登録可能です。

タッチ決済に対応している
クレジットカード
VISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス
その他電子マネーiD、QUICPaynanaco、WAON
交通系電子マネーSuica、PASMO、ICOCA
※その他ポイントカードなども登録可能

Apple Payでは、「エクスプレスカード」と「メインカード」をそれぞれ1つずつ登録可能です。

エクスプレスカードは、顔認証や指紋認証などを行わなくても優先的に決済できます。駅の改札なども、エクスプレスカードを登録しておけばスムーズに通ることができます。
メインカードに登録しておけば、複数のカードを登録していてもそのカードが優先的に表示されます。

Google Pay

Google Payは、Androidスマートフォンで利用できる決済サービスです。
クレジットカードや電子マネーなどを「Googleウォレット」アプリに登録することで、スマートフォンをかざすだけで決済ができるようになります。

以下の決済手段が登録可能です。

タッチ決済に対応している
クレジットカード
VISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス
交通系電子マネーSuica、PASMO
その他電子マネーiD、QUICPaynanaco、WAON、楽天Edy

Google Payは、支払い方法ごとにメインカードを登録します。
例えば「交通系IC」ではSuicaを使い、「iD」の時はA社のクレジットカードを使う、といった形で登録しておけば、素早い決済が可能です。

EPARKペイメントサービスなら、モバイル決済の導入費用が無料!

  • 初期費用・端末代金・月額無料!決済手数料2%台~
  • クレジットカード、電子マネー、コード決済に対応
  • 据え置き型、モバイル型、タッチ決済対応型など最新端末をご用意

モバイル決済を導入するメリット

事業者のメリット

モバイル決済を導入することで、事業者側には以下のようなメリットがあります。

キャッシュレス派の消費者の集客が期待できる

モバイル決済は前述したように利用率が高いため、導入することで店舗の集客が見込めます。
特にコード決済はスマートフォンを普段からよく利用する若い世代の利用率が高いため、新たな客層の増加にも期待ができます。

決済にかかる時間が短縮でき、混雑緩和に

モバイル決済はスマートフォンをかざすだけで支払いが完結するため、金額を数えなければいけない現金や、サインや暗証番号の登録が必要なクレジットカードに比べて決済にかかる時間の短縮が可能です。

レジの混雑も緩和でき、レジ以外の場所に時間や人員を割くことができるようになります。

利用者(消費者)のメリット

現金を持ち歩く必要がなく、スマートフォン一つで決済ができるのが利用者側の最大のメリットだといえるでしょう。

また、利用サービスによってはポイントなどを貯められたり、アプリ側の発行するクーポンなどを利用できたりと、現金よりもお得に決済することができます。

モバイル決済の導入方法

モバイル決済は、「スマートフォンで支払いができる」複数の決済手段の総称であり、実際に導入する場合はどの決済サービスを導入するのか(PayPayや楽天Edy等)を決める必要があります。

しかし、利用者側は複数のモバイル決済をシーンによって使い分けているため、モバイル決済を導入する場合はできるだけ多くの決済サービスを取り揃えておくことが利用者の満足度向上につながります。

また、モバイル決済の導入を検討している場合、クレジットカード決済や電子マネー決済などと一緒に導入することを検討している方も多いと思います。
複数の決済サービスを導入したい場合は、決済代行会社を利用して申し込み・契約を行うのがおすすめです。

モバイル決済は、決済代行会社を使っての導入がおすすめ

決済代行会社とは、各種決済サービス(クレジットカード決済、コード決済、電子マネー決済など)を運営する会社と加盟店の間に立ち、決済サービスの契約やシステム提供を行う会社のことです。

決済代行会社を利用した場合

決済代行会社を利用することで、本来は決済サービス各社と行わなければいけない面倒な

・申し込み
・加盟店審査
・明細のやり取り
・売上金の入金

などを、一社でまとめて実施することができます。

また、初期費用や固定費が無料な決済代行会社もあるので、コストをおさえてモバイル決済を導入することができます。

決済代行会社の選び方やおすすめランキングについて下記の記事でご紹介しています。あわせてご覧ください。

EPARKペイメントサービスなら、モバイル決済の導入費用が無料!

  • 初期費用・端末代金・月額無料!決済手数料2%台~
  • クレジットカード、電子マネー、コード決済に対応
  • 据え置き型、モバイル型、タッチ決済対応型など最新端末をご用意

安心の国内決済代行会社!EPARKペイメントサービスでモバイル決済を導入

記事用バナー_導入費用

クレジットカード決済を導入する際、どの決済代行会社を選ぶかは大きな決断ですよね。
EPARKペイメントサービスは、株式会社EPARKフィナンシャルパートナーズが運営する安心の国内決済代行会社です。EPARKペイメントサービスの特長と、サービスをおすすめする理由を紹介します。

決済手数料が業界最安水準!

業界最安水準のクレジットカード決済手数料で、お客様の利便性を高めつつ、コスト効率を向上させて利益を最大化できます。

初期費用が無料!

導入に際して初期費用は一切かかりません。
スムーズにクレジットカード決済を導入し、初期費用を心配せずにビジネスの成長に集中できます。

様々な決済ブランドが使える!

Visa、Mastercard、JCBなど、国際的なカードブランドをはじめとする多くの決済手段に対応!モバイル決済などその他の決済手段も取り揃えています。
幅広い顧客層に向けて売上を拡大するチャンスをつかめます。

豊富な決済端末!

ビジネスニーズに合わせて、さまざまなタイプの決済端末を提供しています。
オールインワン決済端末、モバイル端末、最新の非接触仕様、据え置き型など、最適な決済端末を提案可能です。

充実のサポート

EPARKペイメントサービスは、充実したサポート体制を整えています。トラブルが発生した際や疑問点がある場合、迅速かつ丁寧に対応可能です。
安心してクレジットカード決済を導入し、事業を成功に導きましょう。

あなたのビジネスに寄り添うEPARKペイメントサービス

EPARKペイメントサービスは、国内の決済代行会社です。安心感、コスト効率、豊富な対応決済ブランド、柔軟な決済端末、そして頼りになるサポートで、クレジットカード決済の導入を後押しします。

あなたのビジネスにEPARKペイメントサービスを取り入れて、成長を加速させましょう。

「iD」ロゴは、株式会社NTTドコモの登録商標です。/「楽天Edy(ラクテンエディ)」は、楽天Edy株式会社が運営するプリペイド型電子マネーです。/「nanaco」は、株式会社セブン・カードサービスの登録商標です。/「WAON」は、イオン株式会社の登録商標です。/「QUICPay+TM( クイックペイプラス )」は、株式会社ジェーシービーの登録商標です。/「Suica」は、東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。/「PASMO」は、株式会社パスモの登録商標です。/「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。/FeliCaは、ソニー株式会社の登録商標です。

タイトルとURLをコピーしました