最新2024年!おすすめ決済代行サービス10選を徹底比較【クレカ手数料・選び方】

最新2024年!おすすめ決済代行サービス10選を徹底比較【クレカ手数料・選び方】 決済サービスについて

一般的に、決済代行とは、クレジットカード決済や電子マネー決済、QRコード決済といった決済方法の導入を希望する加盟店(EC事業者や店舗など)と決済機関の間に入って、決済に関する諸々の手続きを代行することを指します。

審査や契約手続き、売上金管理の手間がスムーズにできるなどの多くのメリットがあり、キャッシュレス化が進む近年では特に事業者の方にとって欠かせないサービスの一つです。

導入・乗換が無料!安心の国内決済代行会社EPARKペイメント
  • 業界最安水準の決済手数料2%台〜!
  • 初期費用・端末代金・月額費用無料!
  • クレジットカード、電子マネー、コード決済に対応
CTA画像

決済代行会社が利用される理由

決済代行会社を利用すると、一つの契約で複数の決済方法を手軽に導入できるということも大きなメリットです。

もし決済代行会社を利用せずにキャッシュレス決済を導入する場合は、各カード会社、電子マネーやQRコード決済も各提供会社との直接契約が必要で、契約手続きや審査はもちろん、入金や事務的な処理の手間など多くの負担が発生します。

そのため、手軽に複数種類のキャッシュレス決済を導入できて、加盟店側の負担を軽減できるさまざまな決済代行会社・決済代行サービスが多くの事業者に利用されています。

カード会社と直性契約-決済代行会社を利用

現在、決済代行会社と契約している場合も、契約するサービス・決済代行会社を乗り換えることで最新の端末に無料で切り替えできたり、決済手数料を安くしたり月額費用などのコストを抑えられる可能性があります。

最新のおすすめ決済代行会社情報を参考に、ぜひ比較・検討をしてみてください。

決済代行サービス選びのポイント!

決済代行を依頼する会社・サービスを選択するときには、いくつかチェックしておきたいポイントがあります。

それぞれを比較しながら検討できるように、まずはポイントを押さえておきましょう。

①キャッシュレス決済の手数料

まずは決済手数料についてチェックしましょう。

クレジットカード決済や電子マネー、各種スマホ決済、EC(オンライン)決済にかかる手数料はそれぞれの決済方法によって異なり、さらに決済代行サービスごとにも独自の手数料率を定めています。

売上に比例して毎月変動する費用なので、手数料が安いサービスを選ぶことでコストを抑えることができます。実際に現在の売上からキャッシュレス決済を導入した場合の手数料がどの程度になるのか事前にシミュレーションしておくと、比較検討がしやすくなります。

ご自身での計算が難しい場合は、契約時に検討している各社で見積もりを取っておくとよいでしょう。

②初期導入コスト・月額費用

導入コストや月額の固定費用は気になるところですよね。

初期にかかる導入コストは、オプションの選択やサービス内容によって予想外に高額になる場合があります。毎月支出として必要となる月額費用もなるべく抑えられるに越したことはありません。

①の決済手数料と合わせて、できる限り導入と運用の費用負担を安く抑えられるように、全般的なコストを元に判断しましょう。

③対応できる決済方法の種類

一般的に広く利用されているクレジットカード決済はもちろん、電子マネーやQRコード決済など、主要な決済方法は押さえておきたいところですよね。

店舗の利用者層にマッチした決済方法を導入するためにも、検討している決済代行サービスが対応している決済方法の種類はチェックしておきましょう。

しかし、対応決済方法が多くなるほど、決済手数料の料率が割高になったり、一律化されている場合もあります。本当に必要な決済方法と、運用コストのバランスを見極めることが大切です。

④決済端末の種類と費用

決済代行サービスを導入する際、大きく異なるのが決済端末の種類とその費用です。最近では自社で独自の決済端末を用意している場合もあり、機能や付帯サービスによっては高額になることも。また、周辺機器としてiPadなどのモバイル端末が別途必要であったり、対応するレシートプリンターの購入が必要な場合もあります。

ニーズにあった決済端末を導入するためにも、どのような端末が選べるのかをしっかりと比較検討しましょう。

⑤決済代行会社ごとの強味を理解する

決済代行会社と一口に言っても、それぞれかかるコストも提供するサービス内容も異なります。当然、店舗のニーズによって最適な決済代行会社も変わるということです。

・導入費用を抑えることを重視するのか

・運用コストを最小限に抑えたいのか

・どんな決済方法に対応したいのか

・セキュリティやサポートが充実しているか

など、ご自身のニーズに対して強みを持っている決済代行会社を見つけることが大切です。

そのためにも、決済代行会社ごとの強みを事前にチェックしておきましょう。

顕在バナー_2%_細

おすすめ大手決済代行サービスをクレカ手数料で比較!

クレジットカード決済は、まず初めに対応したいキャッシュレス決済の一つです。多くの消費者に利用されやすく、売上の中でも比率が大きくなりがちな決済方法でもあります。

おすすめの大手決済代行サービスをクレジットカードの決済手数料に焦点を当てて比較しているので、ぜひ参考にしてみてください。

決済代行サービス比較表

決済代行
サービス比較表
クレジット
カード手数料
初期費用月額費用端末代金
EPARK
ペイメント
病院・医院
:1%台~
その他業種
:2%台~
※個別見積もり
0円0円0円
スマレジ
・PAYGATE
2.90%~0円3,300円(税込)39,600円
※1
楽天ペイ2.95%~0円0円カードリーダー
:19,800円(税込)
マルチ決済端末
:38,280円(税込)
※1・2
Airペイ3.24%カードリーダー
代金のみ
※1
0円カードリーダー
:20,167円(税込)
※1
STORES3.24%0円0円19,800円(税込)
※1
JMS3.24%~0円0円0円
SBペイメント
サービス
3.24%~0円0円カードリーダー
:4,980円(税込)
マルチ決済端末
:46,980円(税込)
※2
Square3.25%~0円0円カードリーダー
:4,980円(税込)
マルチ決済端末
:46,980円(税込)
※2
ソニーペイメント
サービス
※個別見積もり※個別見積もり※個別見積もり※個別見積もり
GMOペイメント
ゲートウェイ
※個別見積もり※個別見積もり※個別見積もり
※1…キャンペーン適用で無料になる場合があります
※2…選択サービスにより異なる

決済代行サービス導入にかかる費用の相場

決済代行サービスの導入と運用に必要な費用は主に、「決済手数料」「初期費用」「月額費用」「端末代金」の4種類です。

決済手数料決済された金額に対してかかる手数料
【相場】決済金額の3.5%~7%
※決済方法により異なる
初期費用決済代行のシステムを導入するためにかかる費用
【相場】数千円~数万円
※無料のサービスもあり
月額費用月々支払うシステム利用料
【相場】3,000円~8,000円
※無料のサービスもあり
端末代金決済端末の代金。
購入する場合とレンタルの場合がある
【相場】3~10万円程度
※無料レンタルのサービスもあり

実店舗での決済なのか、EC(ネット販売)決済にも対応するのかによってもコスト感は変わってきます。相場を参考に、各社のサービス内容を比較してみましょう。

2024年最新版!おすすめの大手決済代行サービス10選

おすすめの大手決済代行サービスについて、クレジットカードの決済手数料が低いランキング順に掲載しています。2024年時点の最新情報を詳しく紹介しているので、各社の特長やコスト感、サービス内容を比較して、店舗に合った決済代行会社を探してみてください。

1. EPARKペイメントサービス【実店舗決済】

<どんな決済代行サービス?>

  • 圧倒的に決済手数料低い!魅力の業界最安水準手数料
    (病院1%台~その他業種2%台~
  • 初期費用・端末代金・月額費用がすべて無料(0円)
  • オールインワンなど最新マルチ決済端末から端末を提案
  • 国内の決済代行会社である株式会社EPARKフィナンシャルパートナーズが運営
  • 導入から運用までサポート体制が充実

<こんな方におすすめ>

コスト負担を最小限にキャッシュレス決済を運用したい
✅初期・導入費用が無料の決済代行会社を探している
✅決済手数料や導入方法について個別相談したい
最新の決済端末に乗り換えを検討している
✅初めてのキャッシュレス決済導入をサポートしてほしい

<EPARKペイメントサービスの基本情報>

サービス名称EPARKペイメントサービス
運営会社株式会社EPARKフィナンシャルパートナーズ
カード決済
手数料
病院・クリニック:1%台~
その他業種:2%台~
※流通額により更に下がる可能性があります。詳しくはお問い合わせください。
初期費用無料
月額費用無料
端末代金無料
決済端末の
種類・特徴
マルチ決済端末 / モバイル連動決済端末/
クレジット決済端末(CAT端末)
※希望に合わせて提案
必要な周辺機器不要
入金サイクル15日サイト~

<対応するキャッシュレス決済>

クレジット
カード決済
VISA、Mastercard、JCB、AMEX、
DinersClub、DISCOVER、UnionPay(銀聯)
電子マネー決済■交通系電子マネー
Suica、 PASMO、 Kitaca、 TOICA、 manaca、
ICOCA、 SUGOCA、 nimoca、 はやかけん
■その他電子マネー
QUICPAY、iD、楽天Edy、nanaco、WAON
QRコード決済PayPay
※決済端末により異なる

2. スマレジ・PAYGATE【実店舗決済】

<どんな決済代行サービス?>

  • オールインワンタイプのマルチ決済端末を提供
  • Android搭載のコンパクトな決済端末は持ち運びが可能
  • 4G回線があればどこでも決済ができる
  • プリンター内蔵で周辺機器が不要
  • プランやオプション次第でPOS連携なども可能

<こんな方におすすめ>

4G回線が利用できる店舗
✅レジ周りのスペース確保が難しい
テーブル会計に対応したい
✅多機能な最新の決済端末を利用したい

<スマレジ・PAYGATEの基本情報>

サービス名称スマレジ・PAYGATE
運営会社株式会社スマレジ
カード決済
手数料
2.90%~
初期費用無料
月額費用3,300円(税込)
※POS連動の場合は別途プラン有
端末代金端末代39,600円(税込)
※キャンペーンにより無料になる場合あり
決済端末の
種類・特徴
マルチ決済端末
必要な周辺機器不要
※サービス・オプション選択により異なる
入金サイクルクレジットカード 電子マネーの入金サイクル
 2回/月
・月末締め、翌15日払い
・15日締め

当月未払いQRコード決済の入金サイクル
 1回/月
・月末締め
・翌月末払い

<対応するキャッシュレス決済>

クレジット
カード決済
VISA、Mastercard、JCB、AMEX、
DinersClub、DISCOVER、UnionPay(銀聯)
電子マネー決済■交通系電子マネー
Suica、 PASMO、 Kitaca、 TOICA、 manaca、
ICOCA、 SUGOCA、 nimoca、 はやかけん
■その他電子マネー
QUICPAY、iD、楽天Edy、nanaco、WAON
QRコード決済d払い、PayPay、メルペイ、auPAY、
楽天Pay、WeChatPay、Alipay

3. 楽天ペイ 【実店舗決済】

<どんな決済代行サービス?>

  • 楽天グループ株式会社が運営する決済サービス
  • 楽天銀行を入金口座とした場合は入金サイクルが速められる
  • 端末代金が無料などキャンペーンを随時実施
  • 2種類の端末から選べる
  • 大手ならではのマーケティング支援サービスを提供

※キャンペーンの開催状況については公式サイトをご確認ください。

<こんな方におすすめ>

楽天商圏をフル活用したい方
楽天銀行をメインバンクにされている方
✅店舗のニーズに合わせた決済端末を選びたい方

<楽天ペイの基本情報>

サービス名称楽天ペイ
運営会社楽天グループ株式会社
カード決済
手数料
2.95%~
初期費用無料
月額費用無料
端末代金カードリーダー:19,800円(税込)
マルチ決済端末:38,280円(税込)
※サービスにより異なる
※キャンペーン適用で無料になる場合があります
決済端末の
種類・特徴
モバイル連動決済端末 /
マルチ決済端末
※サービス・オプション選択により異なる
必要な周辺機器レシートプリンター:別売
入金サイクル楽天銀行を入金口座とした場合翌日振り込みが可能

<対応するキャッシュレス決済>

クレジット
カード決済
VISA、Mastercard、JCB、AMEX、
DinersClub、DISCOVER、UnionPay(銀聯)
電子マネー決済■交通系電子マネー
Suica、 PASMO、 Kitaca、 TOICA、 manaca、
ICOCA、 SUGOCA、 nimoca、 はやかけん
■その他電子マネー
QUICPAY、iD、楽天Edy、
nanaco、WAON、Apple Pay
QR決済auPay、楽天 Pay

4. Airペイ【実店舗決済】

<どんな決済代行サービス?>

  • 株式会社リクルートが運営する決済サービス
  • iPadまたはiPhoneと専用のカードリーダー1台で各種キャッシュレス決済に対応
  • キャンペーン適用で導入・初期コスト・運用費用0円から始められる場合がある
  • POSアプリの「Airレジ」と連携ができる

※キャンペーンの開催状況については公式サイトをご確認ください。

<こんな方におすすめ>

カードリーダーで手軽にキャッシュレス決済を始めたい方
iPadまたはiPhoneをお持ちの方
売上や在庫の管理に活用したい方

<Airペイの基本情報>

サービス名称Airペイ
運営会社株式会社リクルート
カード決済
手数料
~3.24%
初期費用カードリーダー代金、他
レシートプリンター 別売
※iPad 条件適用で無償貸与
月額費用無料
端末代金カードリーダー 20,167円(税込)
※キャンペーン適用で無料になる場合あり
決済端末の
種類・特徴
モバイル連動決済端末
必要な周辺機器iPad:条件適用で無償貸与
レシートプリンター:別売
入金サイクル入金サイクル:月6回または月3回
※登録口座の金融機関により異なる。

<対応するキャッシュレス決済>

クレジット
カード決済
VISA、Mastercard、JCB、AMEX、
DinersClub、DISCOVER、UnionPay(銀聯)
電子マネー決済■交通系電子マネー
Suica、 PASMO、 Kitaca、 TOICA、 manaca、
ICOCA、 SUGOCA、 nimoca、 はやかけん
■その他電子マネー
QUICPAY、iD、Apple Pay
QRコード決済d払い、PayPay、au PAY、楽天ペイ、
J-Coin Pay、Smart Code™、WeChat Pay、
UnionPay(銀聯)QRコード、COIN+、Alipay+
※QRコード決済は「Airペイ QR」に申し込みの場合に対応可能

5. STORES 決済【実店舗決済/EC決済】

<どんな決済代行サービス?>

  • スマホまたはタブレットのアプリと専用のカードリーダーで手軽にキャッシュレス決済が導入できる
  • 申し込み~利用開始まで最短3営業日
  • 中国国内でのシェアが高いWeChat Payに対応
  • 「STORES 請求書決済」と連携すればECショップでのオンライン決済に対応

<こんな方におすすめ>

✅なるべく早くキャッシュレス決済を導入したい
実店舗とECサイトのどちらにも急いで対応したい
✅中国向けのインバウンド需要を重視したい

<STORES 決済の基本情報>

サービス名称STORES 決済
運営会社STORES(ストアーズ)株式会社
カード決済
手数料
~3.24%
初期費用無料
月額費用無料
端末代金端末代金:19,800円(税込)
※条件達成で無料
決済端末の
種類・特徴
モバイル連動決済端末
必要な周辺機器タブレットもしくはスマートフォンが必要
レシートプリンター:別売
入金サイクル2日サイト~

<対応するキャッシュレス決済>

クレジット
カード決済
VISA、Mastercard、JCB、AMEX、
DinersClub、DISCOVER、UnionPay(銀聯)
電子マネー決済■交通系電子マネー
Suica、 PASMO、 Kitaca、 TOICA、 manaca、
ICOCA、 SUGOCA、 nimoca、 はやかけん
■その他電子マネー
QuicPay
QR決済WeChatPay
EC決済クレジットカード決済

6. JMS【実店舗決済】

<どんな決済代行サービス?>

  • 国内大手カード会社のJCB・三菱UFJニコス・UCカードが出資する決済代行会社
  • 多数のキャッシュレス決済手段に対応
  • インバウンド向けのキャッシュレス決済が豊富
  • インターネット環境の有無や営業形態に合わせて決済端末が選べる
  • 充実したアフターサポートが魅力

<こんな方におすすめ>

✅なるべく多くの決済手段に対応したい
インターネット環境がなくても使える決済端末を探している
✅導入から運用まで手厚くサポートしてほしい
インバウンド需要を重視している

<JMSの基本情報>

サービス名称JMS(ジェイエムエス)
運営会社JCB・三菱UFJニコス・UCカード
※JMSはカード会社3社の出資による決済代行会
カード決済
手数料
3.24%~
初期費用無料
月額費用無料
端末代金無料
決済端末の
種類・特徴
カードリーダー(プリンター付属)
マルチ決済端末
必要な周辺機器VEGA3000Countertopでコード決済を
利用する場合は別途バーコードスキャナ
費用13,750円(税・送料込)が必要。
入金サイクル5日もしくは15日サイト
※5日サイトの場合は
早期払い手数料 198円(税込・振込毎)が必要。

<対応するキャッシュレス決済>

クレジット
カード決済
VISA、Mastercard、JCB、AMEX、
DinersClub、DISCOVER、UnionPay(銀聯)
電子マネー決済■交通系電子マネー
Suica、 PASMO、 Kitaca、 TOICA、 manaca、
ICOCA、 SUGOCA、 nimoca、 はやかけん
■その他電子マネーQUICPAY、iD、楽天Edy、
nanaco、WAON、ApplePay、Google Pay
QRコード決済Smart Code、PayPay、d払い、
R Pay、WeChatPay、Alipay

7. Square【実店舗決済/EC決済】

<どんな決済代行サービス?>

  • 三井住友カードと業務提携する米国の株式会社Square(スクエア)が運営
  • ICカードリーダータイプとレシートプリンター内蔵のマルチ決済端末の2種類がある
  • 三井住友銀行の口座を保有していると審査・入金サイクルが速い
  • 料金体系がシンプルでわかりやすい
  • POS連携やオンラインのEC決済にも対応可能で、業務管理に役立つ機能も提供している

<こんな方におすすめ>

三井住友銀行の口座を保有している
なるべく早くキャッシュレス決済を導入したい
POS連携やECショップでの決済にも対応したい

<Squareの基本情報>

サービス名称Square
運営会社株式会社Square(スクエア)
カード決済
手数料
~3.25%
初期費用無料
月額費用無料
端末代金カードリーダー:4,980円(税込)
マルチ決済端末:46,980円(税込)
※サービスにより異なる
決済端末の
種類・特徴
モバイル連動決済端末 / マルチ決済端末
※サービス・オプション選択により異なる
必要な周辺機器タブレットもしくはスマートフォンが必要
レシートプリンター:別売
入金サイクル三井住友銀行の口座を利用した場合翌日サイト~

<対応するキャッシュレス決済>

クレジット
カード決済
VISA、Mastercard、JCB、AMEX、
DinersClub、DISCOVER、UnionPay(銀聯)
電子マネー決済■交通系電子マネー
Suica、 PASMO、 Kitaca、 TOICA、 manaca、
ICOCA、 SUGOCA、 nimoca、 はやかけん
■その他電子マネー
QUICPAY、iD
QRコード決済PayPay
EC決済Square 請求書、Square ブラウザ決済、
ネットショップ開設

8. SBペイメントサービス【実店舗決済/EC決済】

<どんな決済代行サービス?>

  • ソフトバンクグループのSBペイメントサービス株式会社が運営
  • EC(オンライン)決済から実店舗決済まで幅広く対応
  • 様々なECカートに対応可能
  • 決済端末の種類やオプションの選択によって対応できるサービスが豊富
  • シンプルで使いやすいオンライン決済の実現

<こんな方におすすめ>

✅ECショップにオンライン決済を導入したい
ECショップと実店舗の決済を連携させたい
✅豊富な種類の決済端末からぴったりなものを選びたい
✅使いやすいオンライン決済を探している

<SBペイメントサービスの基本情報>

サービス名称SBペイメントサービス
運営会社SBペイメントサービス株式会社
カード決済
手数料
3.24%~
初期費用※端末・契約サービスにより異なる
月額費用※端末・契約サービスにより異なる
端末代金0円~59,800円(税抜)
※端末・契約サービスにより異なる
決済端末の
種類・特徴
モバイル型 / 据置型 / POS連動 /
アプリケーションI型 / API型
必要な周辺機器レシートプリンタ費用据置型:22,200円(税抜)
携帯型:27,200円(税抜)
QRコード決済対応希望の場合
読み取りスキャナ費用:9,800円(税抜)
※端末・契約サービスにより異なる
入金サイクル月末締め、翌月末入金

<対応するキャッシュレス決済>

クレジット
カード決済
VISA、Mastercard、JCB、AMEX、
DinersClub、DISCOVER、UnionPay(銀聯)
電子マネー決済■交通系電子マネー
Suica、 PASMO、 Kitaca、 TOICA、 manaca、
ICOCA、 SUGOCA、 nimoca、 はやかけん
■その他電子マネー
QUICPAY、iD、楽天Edy、nanaco、
WAON、ApplePay、Google Pay
QRコード決済PayPay、au PAY、d払い、R Pay、Jcoin、
メルペイ、WeChatPay、Alipay、支付宝
EC決済キャリア決済、コンビニ決済、NP後払いなど

9. SBペイメントサービス【実店舗決済/EC決済】

<どんな決済代行サービス?>

  • 実績豊富な決済代行サービス業界のパイオニア
  • 店舗の規模やオンライン決済、移動店舗など様々な業態で導入が可能
  • オプションが充実していて自由にカスタムできる
  • 実店舗とECショップの決済を一元管理できる
  • 個別の見積もりで手厚い導入サポート

<こんな方におすすめ>

実店舗とECショップの両方に力を入れたい
思い通りの決済方法をカスタマイズして導入したい
特殊な業態への決済導入を相談したい
✅詳細な見積もりをとって検討したい

<ソニーペイメントサービスの基本情報>

サービス名称ソニーペイメントサービス
運営会社ソニーペイメントサービス株式会社
カード決済
手数料
個別見積もり
初期費用個別見積もり
月額費用個別見積もり
端末代金個別見積もり
決済端末の
種類・特徴
店頭用 / 車載・店頭用 /
無人精算機組み込み用
必要な周辺機器※決済端末により異なる
入金サイクル当月末日締め、翌月末日ご入金 
※問い合わせにより相談可能

<対応するキャッシュレス決済>

クレジット
カード決済
VISA、Mastercard、AMEX、
DinersClub、DISCOVER
電子マネー決済■交通系電子マネー
Suica、 PASMO、 Kitaca、 TOICA、 manaca、
ICOCA、 SUGOCA、 nimoca、 はやかけん
QRコード決済PayPay、LINEPay、au PAY、d払い、R Pay、
Jcoin、メルペイ、WeChatPay、Alipay、支付宝
EC決済キャリア決済、コンビニ・ゆうちょ決済、口座振替など

10. GMOペイメントゲートウェイ【EC決済】

<どんな決済代行サービス?>

  • GMOグループのGMOペイメントゲートウェイ株式会社が運営するオンライン総合決済サービス
  • GMO後払いとの連携ができる
  • 豊富な決済手段を利用できる
  • ECショップに合わせた見積もりと導入の相談ができる

<こんな方におすすめ>

✅ECショップに力を入れている
✅ECショップに豊富な決済手段を取り入れたい
✅ECショップ決済についてしっかり見積もりと相談をしたい

<GMOペイメントゲートウェイの基本情報>

サービス名称GMOペイメントゲートウェイ
運営会社GMOペイメントゲートウェイ株式会社
カード決済手数料個別見積もり
初期費用個別見積もり
月額費用個別見積もり

<対応するキャッシュレス決済>

EC決済クレジットカード決済、口座振替、銀行振込、
GMO後払い決済、サービスキャリア決済、
エポスかんたん決済、PayPay など

決済代行会社とは

決済代行会社とは、キャッシュレス決済を導入したい店舗と決済サービスを運営する事業者を仲介する役割を担う企業のことです。

決済サービスの契約を一元化や、最新の決済端末やシステムを提供するなど、店舗が手軽で負担なくキャッシュレス決済が導入できるようサポートしてくれます。

事業者によって実店舗の決済を主としていたり、EC事業者向けのサービスに特化していたりとそれぞれに特長が異なります。

特に、決済手数料の安さや導入費用の有無など、コスト面での違いも大きいため、ニーズに合わせて比較検討することが大切です。

どうして決済代行を利用するの?

多くの事業者で決済代行サービスが利用される理由は、手間をかけずにキャッシュレス決済が導入できる、という点が大きなポイントです。

決済代行会社を利用した場合

例えば、「クレジットカード決済を導入したい…」「新しいキャッシュレス決済に対応したいけどどうすればいいかわからない」とお悩みの事業者の方も多いですよね。

決済代行サービスは、そんなお悩みを抱える下記のような方におすすめです。

①複数のキャッシュレス決済方法に対応したい方

・大手クレジットカード決済(VISA・Mastercard・JCB…など)には対応しておきたい

・各種電子マネーやスマホ決済、QRコード決済などに対応したい

②導入後の管理に手間をかけたくない方

・各決済方法の入金タイミングを揃えたい

・明細を個別に確認せずにまとめて確認したい

決済事業者と直接契約する場合、契約した決済方法の数だけ手続きと導入のための審査が必要です。導入後も、それぞれの入金日を気にしたり、別々の明細を確認したりと事務的な手間はかなりの負担になります。

入出金の流れが管理しにくくなることは、店舗の経営にも大きな影響を与えるため、経営のスリム化や無駄な手間を削減したいという方には、決済代行サービスの利用がおすすめです。

決済代行会社を利用するメリット

決済代行会社を利用するメリットには下記のようなものが挙げられます。

・複数種類のキャッシュレス決済方法をまとめて導入できる

・多くの企業の中からサービス内容や費用を比較検討できる

・売上の入金タイミングや明細書をまとめて管理できる

・問い合わせのための窓口がわかりやすい

店舗側としては、消費者の利便性のためにもなるべく多くの決済方法を用意しておきたいですよね。その希望を、手間を省いて手軽に叶えてくれるのが決済代行会社です。

契約や手続き、入金管理までをまとめることで、導入から運用まで最小限の手間でキャッシュレス化を実現できます。

決済代行会社を利用するデメリット

・直接契約よりも決済手数料が高い傾向がある

・セキュリティ面での安全性の確認が必要

決済代行会社はその性質上、取引の中で仲介者の役割を担います。

例えば、カード会社と直接契約した場合は決済手数料が発生するのは加盟店とカード会社の間での1回のみです。

対して、決済代行会社を仲介した場合は、決済代行会社・カード会社との間で2回決済手数料が発生しています。この場合、加盟店は決済手数料をまとめて決済代行会社に支払うため、直接契約と比べると決済手数料が高くなる傾向にあるのです。

カード会社と直瀬契約の場合の流れ
決済代行会社を仲介した場合の流れ

それでも決済代行会社が広く利用されているのは、キャッシュレス化が進む現在、複数種類の決済方法への対応が必須となってきている背景と、前述した計り知れない契約・審査・運用の手間を削減できるメリットが大きいといえるでしょう。

また、セキュリティ面も事前に確認しておくべき重要なポイントの一つです。大切な決済取引を仲介する会社だからこそ、信頼できる企業を選択するべきでしょう。

コストを抑える、ということは店舗経営においてとても大切ですが、同様に効率的なキャッシュレス決済の運用には、決済代行会社が欠かせない存在となっています。

まとめ:ニーズに合わせて最適な決済代行サービスを見つける!

決済代行会社・決済代行サービスを比較検討する際には、実際に店舗の状況に何が必要なのか、どういった点を重視したいのかを把握し、ニーズに合ったものを選ぶことが重要です。

・導入費用を抑えることを重視するのか

・運用コストを最小限に抑えたいのか

・どんな決済方法に対応したいのか

・セキュリティやサポートが充実しているか

など、様々な視点からもっともニーズにマッチするものを選んで、賢くキャッシュレス決済をビジネスに活用していきましょう。

本記事が最適な決済代行サービスを見つけるヒントになれば幸いです。

安心の国内決済代行会社!費用を抑えて選ぶならEPARKペイメントサービス

潜在バナー_乗換_大

キャッシュレス決済を導入する際、どの決済代行会社を選ぶかは大きな決断ですよね。EPARKペイメントサービスは株式会社EPARKフィナンシャルパートナーズが運営する安心の国内決済代行会社です。EPARKペイメントサービスの特長と、サービスをおすすめする理由を紹介します。

店舗負担手数料が業界最安水準!

業界最安水準のクレジットカード決済手数料で、お客様の利便性を高めつつ、コスト効率を向上させて利益を最大化できます。

初期費用が無料!

導入に際して初期費用は一切かかりません。

スムーズにクレジットカード決済を導入し、初期費用を心配せずにビジネスの成長に集中できます。

様々な決済ブランドが使える!

Visa、Mastercard、JCBなど、国際的なカードブランドをはじめとする多くの決済手段に対応!幅広い顧客層に向けて売上を拡大するチャンスをつかめます。

豊富な決済端末!

ビジネスニーズに合わせて、さまざまなタイプの決済端末を提供しています。

モバイル端末、最新の非接触仕様、据え置き型など、最適な決済端末を提案可能です。

充実のサポート

EPARKペイメントサービスは、充実したサポート体制を整えています。トラブルが発生した際や疑問点がある場合、迅速かつ丁寧に対応可能です。

安心してクレジットカード決済を導入し、事業を成功に導きましょう。

あなたのビジネスに寄り添うEPARKペイメントサービス

EPARKペイメントサービスは、国内の決済代行会社です。安心感、コスト効率、豊富な対応決済ブランド、柔軟な決済端末、そして頼りになるサポートで、クレジットカード決済を導入したい気持ちを後押しします。

あなたのビジネスにEPARKペイメントサービスを取り入れて、成長を加速させましょう。

導入事例からメリットや成功ポイントがわかる!

EPARKペイメントサービスを利用して、キャッシュレス対応やクレジットカード決済の利用にどのような変化があったのか、導入事例を通してメリットや成功ポイントを紐解いていきましょう。

ケース①患者さん待望!喜ばれるキャッシュレス化で現金主義から卒業

【クリニックの決済端末導入事例】代々木クリニック様

代々木クリニック_1

圧倒的な決済手数料の低さとサポートが決め手!30年以上も現金主義だったクリニックがコロナ禍を機にクレジットカード決済を導入。患者様にもスタッフにも喜ばれている理由とは…?

ケース②キャッシュレス決済の導入で、飼い主様と動物病院の負担を軽減

【動物病院の決済端末導入事例】さざんか動物病院

高度な獣医療を提供するためには、キャッシュレス決済による支払い手段の充実化が必須とのこと。さざんか動物病院様に導入の決め手を伺いました。

ケース③飲食店のインバウンド需要にクレジットカード決済は必須!レジ作業の効率化も

【飲食店の決済端末導入事例】ヨーロピアンバル クル

導入事例_ヨーロピアンバル クル様

国際ブランドカードを始めとするキャッシュレス決済を一台の決済端末でスマートに対応海外のお客様からも愛される飲食店では、お客様の3分の2がクレジットカード決済を利用。

導入・乗換が無料!安心の国内決済代行会社EPARKペイメント
  • 業界最安水準の決済手数料2%台〜!
  • 初期費用・端末代金・月額費用無料!
  • クレジットカード、電子マネー、コード決済に対応
CTA画像

※「iD」ロゴは、株式会社NTTドコモの登録商標です。「PayPay」および「PayPayロゴ」は、Zホールディングス株式会社の登録商標です。「メルカリ」「メルペイ」は、株式会社メルカリの登録商標です。「dアカウント」「d払い」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。「LINE」および「LINE Pay」は、LINE株式会社の登録商標です。「ALIPAY」は、アドバンスド ニュー テクノロジーズ カンパニー リミテッドの登録商標です。「au PAY」は、KDDI株式会社の登録商標です。「WeChatPay」は、テンセント ホールディングス リミテッドの登録商標です。「iD」ロゴは、株式会社NTTドコモの登録商標です。/「楽天ペイ」ロゴは、楽天グループ株式会社の登録商標です。「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。※本記事で紹介している情報は執筆時点のものであり、閲覧時点では変更になっている場合がございます。
※本記事で紹介している情報は執筆時点のものであり、閲覧時点では変更になっている場合がございます。

タイトルとURLをコピーしました