決済代行会社とは?決済の仕組みやメリット・デメリットをご紹介

決済代行会社とは? 決済サービスについて

決済代行会社とは、各種決済サービスを運営する会社(クレジットカード決済、コード決済、電子マネー決済など)と加盟店の間に立ち、決済サービスの契約やシステム提供を行う会社のことです。
クレジットカード決済や各種キャッシュレス決済を導入する際は、決済代行会社と契約するのがおすすめです。

決済代行会社を利用することで、クレジットカード決済やキャッシュレス決済の導入時にどのようなメリットがあるのでしょうか。
この記事では、決済代行の役割や決済システムの仕組みについてわかりやすく解説していくとともに、決済代行会社を選ぶ時のポイントについても詳しくご紹介していきます。

決済代行会社とは?どんな仕組み?

決済代行サービスの仕組み

クレジットカード決済相関図

主なキャッシュレス決済手段である、クレジットカード決済を例に出して決済代行サービスの仕組みをご紹介します。

クレジットカード国際ブランド

クレジットカードブランドを提供し、手数料の受け取りや普及を促進する役割を持ちます。(VISA、Mastercard、JCBなど)

イシュア(クレジットカード発行会社)

皆さんが使われているクレジットカードは、このイシュアが発行しています。
消費者にクレジットカードを発行し、利用状況の管理を行う役割を持ちます。

アクワイアラ(加盟店契約会社)

国際ブランドであるVISAやJCBなどからライセンスを取得し、加盟店の獲得・審査・管理を行う会社です。基本的に加盟店は国際ブランドと直接やり取りをすることはなく、アクワイアラもしくは決済代行会社とやり取りを行います。

決済代行会社

アクワイアラと連携し、加盟店の獲得・審査・管理を行う会社です。決済代行会社が複数のアクワイアラと連携を行うことで、加盟店は様々な決済手段を店舗に導入することができます。

このように、様々な事業者が関係しあって決済サービスが成り立っています。
決済代行会社がアクワイアラと加盟店の間に立つことで、様々な管理を一手に担ってくれるので、加盟店の負担を軽くすることができます。

決済代行サービスはどんな店舗・事業者におすすめ?

決済代行会社を利用した場合

事業者の方の中には、キャッシュレス決済を導入したいけれど決済代行サービスを使うべきなのかわからない…という方もいると思います。
決済代行サービスは、こんな方におすすめです。

①複数の決済手段を導入したい方

・VISAやMastercard、JCBなど各種国際ブランドは利用できるようにしておきたい
・電子マネーやQRコード決済も利用できるようにしたい

など、消費者の利便性を高めるために複数の決済手段を用意しておきたい場合は、決済代行会社の利用がおすすめです。

通常、クレジットカード決済や各種キャッシュレス決済サービスを導入するためには、それぞれのブランドを取り扱うアクワイアラに申し込みを行い、審査を通過し、契約する必要があります。
お客様の利便性向上のために複数の決済手段を導入しようとすると、それだけ導入の手間がかかってしまうのです。

ですが、決済代行会社を使うと一度に複数の決済手段への申込ができるので、導入時のハードルがかなり下がります。

②導入後の管理を楽にしたい方

決済代行会社を利用せずに複数の決済手段を導入している場合、入金のタイミングがばらばらだったり、決済手段ごとに明細が分かれて発行されるので管理が大変になってしまいます。
多くの決済代行会社は、決済手段にかかわらず同時タイミングで入金が行われ、明細もまとめて発行しています。

店舗の経営状況を把握しやすくするためにも、管理を楽にしたい方は決済代行会社を利用するのがおすすめです。

EPARKペイメントサービスなら、キャッシュレス決済の導入費用が無料!

  • 初期費用・端末代金・月額無料!決済手数料2%台~
  • クレジットカード、電子マネー、コード決済に対応
  • 据え置き型、モバイル型、タッチ決済対応型など最新端末をご用意

決済代行会社を利用するメリット・デメリット

店舗に各種決済手段を導入する際、決済代行会社を利用するメリットとデメリットを詳しく解説していきます。

決済代行会社を利用するメリット

【導入時】複数の決済手段・クレジットカードブランドをまとめて導入できる

クレジットカードや電子マネー、コード決済など、今や複数のキャッシュレス決済手段が利用できることが当たり前になっていますよね。また、クレジットカードでも複数の国際ブランドが利用できた方がお客様にとっての利便性が上がります。

決済代行会社を利用することで、決済代行会社一社と契約すれば、複数の決済手段が利用できるようになります。各社への審査の手続きなども全て決済代行会社が代行して行ってくれます。

一方で、決済代行会社を利用しない場合はそれぞれのカード会社、決済サービス会社と契約しなければなりません。利用したい決済手段の分だけ申し込みや審査といった手間がかかってしまいます

【運用時】決済手数料や導入コストを比較したうえで選ぶことができる

決済代行会社は、会社ごとに決済手数料や初期費用が異なります。そのため、複数の決済代行会社で比較検討した上で、利用する業者を選ぶことができます。

決済代行会社によっては初期費用が無料だったり、月々の固定費がかからない業者もあります。できるだけコストカットをするためにも、比較検討したうえで決済代行会社を選ぶのがおすすめです。
決済手数料が低い決済代行会社を以下の記事で比較・ご紹介しています。あわせてご覧ください。

【運用時】明細の発行や売上金の入金をまとめてくれる

入金サイト

店舗オーナーは決済代行会社とだけ契約をすることになるので、売上金の入金は決済代行会社からまとめて行われます。また、明細の発行なども複数の決済手段分をまとめて発行してくれる決済代行会社が多いので、売上とコストの把握が容易になります

一方で、決済代行会社を利用しない場合は、入金や明細の発行は各決済サービス会社ごとに行われます。入金がバラバラだと、今の店舗の経営状態を把握することが難しくなってしまいます。

例えば、下記のような入金サイトの場合。

クレジットカード会社A毎月5日前月分の振込
クレジットカード会社B毎月15日と月末それぞれ前日までの振込
コード決済会社C毎週月曜日前の週分の振込


いつ、どの決済手段の振込があるのか
それぞれの決済手段ごとの売上はいくらだったのか
等を把握しておかないと、何日にいくら振り込まれるのかがわからず、予算の計画が立てづらくなってしまいます。

【運用時】問い合わせ窓口が一本化されている

キャッシュレス決済を導入した際に、操作方法や端末のトラブルなどが不安な方も多いのではないでしょうか。
トラブルやお客様からの問い合わせで確認したいことがあったとき、決済代行会社と契約していれば、決済代行会社のサポート窓口に問い合わせが可能です。

どの決済手段に関する問い合わせであっても、決済代行会社の問い合わせ窓口に質問すれば対応してくれます。

決済代行会社を利用しない場合は、お客様の利用した決済手段に応じてそれぞれの決済サービス会社に問い合わせる必要があります。
例えば「クレジットカード決済時、操作をミスしてしまったので取り消したい」といった際には、お客様の利用したクレジットカードの国際ブランドを控えておき、そのクレジットカード会社に問い合わせる…といった流れになるため、少し面倒と感じる方もいるでしょう。

決済代行会社を利用するデメリット

ここまで決済代行会社を利用するメリットをご紹介してきましたが、利用する上でのデメリットはあるのでしょうか。

デメリット:決済手数料が高くなる可能性がある

デメリットとして考えられるのは、カード会社と直接契約した場合と比べて、決済手数料が高くなる可能性があるということです。

決済代行会社は下図のように、カード会社などが決済手数料を差し引いた後、さらに決済代行会社分の手数料を差し引いて加盟店に入金しています。

決済代行会社を利用する場合の仕組み

加盟店とカード会社などの間を仲介しているので、カード会社などが提示している決済手数料に、決済代行会社の取り分を上乗せして加盟店に請求しているのです。

しかし、決済代行会社を挟むことで前述したように

  • 決済手数料や導入コストを比較したうえで選ぶことができる
  • 複数の決済手段・クレジットカードブランドを導入できる
  • 契約を一つにまとめられる
  • 明細の発行や売上金の入金がまとめて行われる
  • 問い合わせ窓口が一本化されている

などのメリットがあります。

決済代行会社を利用するかどうか迷った際は、キャッシュレス決済の導入や運用にかかる手間と、決済手数料を比較したときに、時間・コストの面でよりお得だと思う方を選びましょう。

EPARKペイメントサービスなら、キャッシュレス決済の導入費用が無料!

  • 初期費用・端末代金・月額無料!決済手数料2%台~
  • クレジットカード、電子マネー、コード決済に対応
  • 据え置き型、モバイル型、タッチ決済対応型など最新端末をご用意

決済代行会社を比較する際のチェックポイント

「決済代行会社」と検索すると、非常にたくさんの決済代行会社が出てきます。比較すべきポイントがわかっていないと、決済代行会社を決めるのは至難の業です。ここからは、決済代行会社を選ぶポイントをご紹介していきます。

①導入コストがいくらかかるか

店舗運営にとって重要なのは、やはり導入時にかかるコストですよね。初期にかかる導入コストは必ず確認しましょう。
決済代行会社と契約する際、初期にかかる費用とおおよその相場は以下になります。

初期費用数万円
端末代金5~10万円
月額料金3,000円~8,000円

おすすめなのは、上記すべてのコストが無料の決済代行会社を選ぶことです。
そんな会社あるの?と思われる方もいると思いますが、探してみると初期費用・固定費が無料の決済代行会社もあります。

②決済手数料がどれだけ抑えらえるか

導入コストも重要ですが、ランニングコストとして最重要視すべきなのが決済手数料です。お店の経営を伸ばしていくためには、毎月のランニングコストを最小限に収めるのが鉄則ですよね。

決済手数料は毎月かかってくる金額なのと、売上が伸びれば伸びるほど、支払う金額も高額になるので注意が必要です。

決済手数料の相場は、店舗の業種や規模により異なります。
店舗数が多いチェーン店だと決済手数料は安くなる傾向があり、決済額の2%程度なケースが多いです。一方で個人商店や規模の小さい店舗の場合は、決済額の3.5%~7%ほどが決済手数料としてかかるケースが一般的です。

EPARKペイメントサービスなら、キャッシュレス決済の導入費用が無料!

  • 初期費用・端末代金・月額無料!決済手数料2%台~
  • クレジットカード、電子マネー、コード決済に対応
  • 据え置き型、モバイル型、タッチ決済対応型など最新端末をご用意

③必要な決済手段が利用できるか

利用できる決済手段やクレジットカードブランドもしっかりチェックしておきましょう。

例えば、中国人観光客が多い店舗であれば、中国人の保有率が高いクレジットカードの国際ブランドである銀嶺カードが利用できるのがマストです。
若者の利用が多い店舗であれば、電子マネーやQRコード決済も利用できると便利ですよね。

このように、店舗の利用者層などから必要な決済手段を決め、その決済手段が使える決済代行会社を選ぶようにしましょう。

サービスが充実した決済代行会社の場合、国内で利用できるほぼすべての決済手段がパッケージ化されており、決済手数料が一律で決められている、という場合もあります。
しかし、その中に自店には特に必要ない決済手段が含まれている場合、決済手数料がかえって割高になってしまうことがあるので注意が必要です。

例えばお客様のほとんどがクレジットカード決済を利用する場合、電子マネーやQRコード決済をわざわざ導入する必要がないケースもありますよね。
そのような場合は、クレジットカードだけで導入でき、決済手数料が安く済む決済代行会社を選ぶのがおすすめです。

⑤店舗に合った決済端末が利用できるか

レジの形や設置場所、店内のネット接続環境などによって利用できる決済端末は変わってきます。

  • お客様操作画面と店舗側操作画面は分かれているほうがいい
  • 客先で決済をしたいから、モバイル端末が良い

など、実際の決済シーンをイメージして店舗にあった端末が用意されているか確認しましょう。

決済端末の選び方と、EPARKペイメントサービスでご用意している決済端末はこちらの記事でも詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください。

⑥店舗に合った入金サイクルが用意されているか

店舗運営を行う上で入金サイクルは非常に重要なポイントですよね。

たとえば開業時であればすぐにでも入金がほしいですし、資金に余裕が出てくれば入金サイクルは多少長くてもよい、というケースもあると思います。

決済代行会社の入金サイクルは、翌営業日に振り込まれる場合もあれば月に1回の場合もあります。自社の経営状態にあった入金サイクルを選びましょう。

⑦サポート体制は充実しているか

初めてキャッシュレス決済を導入する方や、従業員が多くてオペレーションが心配、という方はサポート体制が充実しているかも重要なポイントです。

  • 年中無休の問い合わせ窓口があるか
  • メールや問い合わせフォームだけでなく、電話での問い合わせが可能か
  • 困ったときに参照できるサポートサイトや、端末などのマニュアルは用意されているか

などの点をチェックしておきましょう。

おすすめは「総コストが低い決済代行会社」を選ぶこと

決済代行会社は、業者によってセールスポイントが異なります。

  • 利用できる決済手段・カードブランドが多い
  • 月額費用がかからない
  • 翌日入金が可能

など、加盟店にとって魅力的な条件を各社がアピールしています。

導入時に「コストを抑えたい」ということを主軸に置いている場合、初期費用・月額料金・端末代金・決済手数料など、すべての費用を鑑みた上で、総合的に低いコストで利用できる決済代行会社を選びましょう

例えば、月間のカード決済額が200万円の店舗で各社決済サービスを利用した場合の比較が下記になります。最大で年間36万円以上も差が出てくることがわかります。決済手数料と月額費用は毎月かかってくるランニングコストなので、ここが低いのが一番重要といえます。

手数料比較

今はそこまでキャッシュレス決済の金額が高くない…という店舗でも、今後日本のキャッシュレス決済利用比率はどんどん上がっていくと考えられていますし、売上が伸びればキャッシュレス決済の金額も増えていきます。

決済代行会社を選ぶ際は、

  • 自分の店舗の場合、決済手数料がいくらになるのか
  • その他の費用(初期費用、月額費用、端末費用等)を上乗せすると、最終的なコストはいくらになるのか

をシミュレーションし、総合的なコストが低い業者を選ぶようにしましょう。

EPARKペイメントサービスなら導入コスト無料・手数料は業界最安水準

widget-banner

キャッシュレス決済を導入する際、どの決済代行会社を選ぶかは大きな決断ですよね。EPARKペイメントサービスは株式会社EPARKフィナンシャルパートナーズが運営する安心の国内決済代行会社です。EPARKペイメントサービスの特長と、サービスをおすすめする理由を紹介します。

店舗負担手数料が業界最安水準!

業界最安水準のクレジットカード決済手数料で、お客様の利便性を高めつつ、コスト効率を向上させて利益を最大化できます。

初期費用・月額費用が無料!

導入に際して初期費用・月額費用は一切かかりません。
スムーズにクレジットカード決済を導入し、初期費用を心配せずにビジネスの成長に集中できます。

様々な決済ブランドが使える!

Visa、Mastercard、JCBなど、国際的なカードブランドをはじめとする多くの決済手段に対応!もちろん電子マネーやQRコード決済も取り揃えております。
幅広い顧客層に向けて売上を拡大するチャンスをつかめます。

豊富な決済端末!

ビジネスニーズに合わせて、さまざまなタイプの決済端末を提供しています。
モバイル端末、最新の非接触仕様、据え置き型など、最適な決済端末を提案可能です。

充実のサポート

EPARKペイメントサービスは、充実したサポート体制を整えています。トラブルが発生した際や疑問点がある場合、迅速かつ丁寧に対応可能です。
安心してクレジットカード決済を導入し、事業を成功に導きましょう。

あなたのビジネスに寄り添うEPARKペイメントサービス

EPARKペイメントサービスは、国内の決済代行会社です。安心感、コスト効率、豊富な対応決済ブランド、柔軟な決済端末、そして頼りになるサポートで、クレジットカード決済を導入したい気持ちを後押しします。

あなたのビジネスにEPARKペイメントサービスを取り入れて、成長を加速させましょう。

※「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
※本記事で紹介している情報は執筆時点のものであり、閲覧時点では変更になっている場合がございます。

タイトルとURLをコピーしました