タイプ別!おすすめクレジットカード決済端末の導入方法と選び方

タイプ別!おすすめクレジットカード決済端末の導入方法と選び方 クレジットカード決済

クレジットカード決済が日常的に利用される近年では、さまざまなタイプの「クレジット決済端末」が登場しています。お得な手数料や使いやすさ、そして店舗環境に合ったクレジット決済端末を導入することは、事業成功にとって重要なポイントです。

この記事では、おすすめのクレジットカード決済端末の詳細や比較ポイント、導入時の注意点について解説しています。クレジットカード決済の導入を検討している方、現在の決済端末のコストやお乗り換えについてお悩みの方に向けた情報を集めているので、ぜひチェックしてみてください。

クレジットカード決済端末とは?

「クレジットカード決済端末(CAT端末)」とは、店舗でクレジットカードの決済処理を行うための端末です。最新のものでは、クレジットカードだけでなくさまざまなキャッシュレス決済にも対応する機能を備えています。

クレジットカード決済端末にはどんな種類があるの?

クレジットカード決済端末での取引

モバイル型…持ち運び可能なポータブルタイプ!

「モバイル型」の決済端末は、コンパクトで持ち運びができ、無線LAN(Wi-Fi)や4G回線を利用した通信が可能です。店舗だけでなく移動型店舗やイベントなどでの利用に便利です。
有線LANでの接続ができない場合でも、インターネット環境があれば利用することができ、導入のハードルが低いところも魅力の一つです。端末本体とは別にプリンターの用意が必要な場合もありますが、近年ではプリンター一体型のオールインワン決済端末も注目を集めています。

据え置き型…高機能と利便性をかなえる設置タイプ!

「据え置き型」の決済端末は、レジ横に設置して使用するタイプです。業種や業態を問わず多くの店舗で採用されています。レシートプリンターが内蔵されていたり、有線・無線LANの接続方法が選択できたりと端末の機種ごとに異なる機能性を持っています。希望に合わせて高機能な決済端末を選びやすいところが特長です。
特に通信の安定性に不安がある場合は、有線LAN接続ができて起動の度にWi-Fi接続の必要がない据え置き型がおすすめです。

非接触型…タッチ決済が可能な最先端モデル

クレジットカードやスマートフォンをタッチするだけで決済が可能な「非接触型」も要チェックです。モバイル型、据え置き型ともに、非接触決済機能が搭載されている最新モデルは人気があります。よりスピーディで利便性の高い決済端末を求めている方におすすめです。

以上が主なクレジットカード決済端末の種類です。店舗の業態や利用シーンを想定して、最適な端末を選びましょう。

クレジットカード決済端末の導入で得られるメリット

クレジットカード決済端末の導入と利用にはコストがかかりますが、多くの事業者がそのコストを負担する選択をしています。コストを上回る利益が見込める理由とは何か?具体的にはどんなメリットがあるのか?という疑問に焦点を当てて詳しく説明します。

クレジット・キャッシュレス決済ニーズをキャッチして売上アップ!

クレジットカード決済端末の導入には多くのメリットがあります。まず顧客の利便性が向上し、かつ、平均購入金額の増加が期待できます。キャッシュレス決済を重視するユーザーを取り込むこと、取りこぼさないことはとても重要なポイントです。
近年、クレジットカード決済だけでなく、キャッシュレス決済全体の需要が高まりを見せています。世間全体のニーズに対応することで、新規ユーザーの取りこぼしをなくし、既存ユーザーの客単価アップが期待できるのがキャッシュレス決済手段を導入することの大きなメリットと言えます。

売り上げの管理を効率化!複数の決済手段もまとめて集計

クレジットカード決済を受け入れることで、売上管理を効率化し、複数の決済手段をまとめて集計できるメリットがあります。

まず、クレジットカード決済では、現金取引に比べて売り上げの管理が簡単になります。釣銭の間違いや盗難の心配もないため、手間とリスクが軽減します。

また、決済代行サービスや導入した端末によっては、複数の決済手段を一元管理できる場合も多いです。

クレジットカード、電子マネー、バーコード決済など、様々な決済手段の売り上げを簡単に管理できれば業務の効率化にも繋がります。

会計時間が短縮!スピーディなレジ処理が可能

キャッシュレス決済の導入で実現するスピーディなレジ処理は、事業者・利用者双方にとってメリットがあります。

会計時間が短縮されてレジ処理のスピードが上がることで、混雑時でも待ち時間が減少して顧客満足度の向上にも繋がります。店舗の回転率も高まるうえに、従業員の業務負担軽減も期待できます。

記事用バナー_導入費用_細

タイプ別:クレジットカード決済端末の選び方と注意ポイント

「クレジットカード決済を導入したい!」と思ったら、まずは決済端末の導入が必要です。クレジットカード決済端末を選択する際には、利用シーンや設置環境、主要な顧客層の決済方法を考慮する必要があります。特に、端末のタイプを選ぶときは、以下のポイントに注意しましょう。

①ビジネスのニーズに合わせて必要条件を考えて選ぶ

利用シーンの適合性

自社の顧客層の決済傾向や、近隣エリアや同業種の競合店で導入されているキャッシュレス決済手段の種類などを分析してみましょう。実際の利用シーンが具体的に想定できると、導入したい決済手段がイメージできるようになります。

設置環境と機能性

店舗の環境によって設置条件や必要な機能が異なります。通信環境、スペース、レシートの管理など必要な要件を満たすものを選びましょう。

使い勝手と柔軟性

どんな仕様であれば使いやすいのか、操作方法についてのサポートが用意されているのかも要確認です。最近はクレジットカード決済だけでなく、他のキャッシュレス決済も柔軟に対応できる端末も豊富なため、必要な決済手段についても考慮しましょう。

②決済端末の機能やタイプごとの特長を知って選ぶ

モバイル型のおすすめポイント

モバイル型のクレジットカード端末は、移動しながらの取引やイベント、飲食店の席で会計をする場合などの利用に適しています。

モバイル型のおすすめ端末:A920J(PAX)

モバイル型のおすすめ端末:A920J(PAX)
仕様モバイル型
タッチ決済可能
プリンタ一体型
接続無線
画面サイズ5インチ
端末サイズ幅78mm×奥行176mm×高さ60mm
有線・無線LAN対応 ※有線はアダプタが必要
特長非接触決済/コードレス/持ち運び可能/
タッチパネル/低消費電力
特長:携帯性と手軽な利用方法が魅力

持ち運びに適した軽量な端末でありながら、レシートプリンターを内蔵しているタイプ。
SIMカード挿入で場所を選ばず決済と印刷を行えるため、出張販売などにも最適。

据え置き型のおすすめポイント

据え置き型端末は、レジ周りに決済端末を固定して使える店舗におすすめです。高機能と利便性の両方を兼ね備えています。

据え置き型のおすすめ端末:JT-VT10

据え置き型のおすすめ端末:JT-VT10
仕様据え置き型
タッチ決済可能
プリンタ一体型
接続有線/無線
画面サイズ4インチ/7インチ
端末サイズ<従業員操作端末>
幅108mm×奥行181mm×高さ96mm
<お客様操作端末>
幅86mm×奥行128mm×高さ56mm
有線・無線LAN対応
特長非接触決済/タッチパネルダブルデバイスで柔軟な設置
特長:操作性と利便性が両立!

従業員と顧客が操作する端末が分かれているため、スムーズな会計処理が可能です。
スペースに合わせてレイアウトを調整できて、操作しやすい環境と高機能の両立を実現したモデルです。

非接触型のおすすめポイント

非接触型端末は、最新の決済手段を求める場合やセキュリティを重視する場合に適しています。

非接触型のおすすめ端末:stera terminal

非接触型のおすすめ端末:stera terminal
仕様据え置き型
タッチ決済可能
プリンタ一体型
接続有線/無線
画面サイズ4インチ/7インチ
端末サイズ幅108mm×奥行266mm×高さ100mm
特長最新型/非接触決済/タッチパネル自動音声/電子サイン
特長:セキュリティの高さと使い勝手が抜群!

最新のタッチ決済技術を採用し、複数の決済手段に対応しています。
操作性や安全性を重視し、暗証番号が周囲から見えない設計なのでセキュリティ面でも安心です。

携帯性や操作性、セキュリティなど、各種端末の特長を理解しこれらのポイントを考慮することで、最適なクレジットカード決済端末を選択することが可能です。

ご自身のビジネススタイルに最適な決済端末を選んで、円滑な決済処理と顧客満足度向上を実現しましょう。

クレジットカード決済端末の導入手順

クレジットカード決済端末の導入には、直接契約する場合と決済代行サービスを提供する決済代行会社を利用する2つの方法があります。導入手順と注意すべきポイントをチェックしていきましょう。

クレジットカード会社と直接契約する場合

クレジットカード会社と直接契約をするメリットには、手数料の削減があげられます。ただし、複数ある国際ブランドのカード会社すべてと個別に契約し、審査、手続き、入金の手間が発生すると業務が煩雑化する可能性が高いです。数種類のカードブランド、複数の決済手段を導入したい場合は、次で説明する決済代行会社の利用も検討しましょう。

クレジットカード会社と直接契約する場合

決済代行サービスを提供する会社と契約する場合

決済代行サービスを提供する決済代行会社を利用する場合、1つの契約で複数のカードブランド、キャッシュレス決済手段の導入が可能です。直接契約と比較すると、手数料がやや高めになることがありますが、決済代行会社の中でも手数料の安さを強みとしている会社や、利便性の高いサービスを得意としている会社などさまざまな特長があるため、ニーズに合わせて比較してみましょう。

決済代行サービスを提供する会社と契約する場合

導入前に必ずチェックすべきポイント

決済代行会社と契約する場合は、以下のポイントを比較検討することが大切です。具体的にどんなことに注意すべきかチェックしていきましょう。

対応している決済手段

まずは、クレジットカード、電子マネーなど、導入したい決済手段に対応しているかチェックしましょう。ですが、決済手段の種類が多くても決済手数料が他社に比べて割高であったり、一部の決済手段の手数料が高かったりする場合があります。そんな時は、本当にビジネスに必要な決済手段に絞ったり、一部だけ直接契約を検討したりと工夫するとコストカットに繋がりますよ。

提供している決済端末の使いやすさ

これまでご紹介したように、クレジットカード決済端末によってさまざまな特長があります。使いやすさは、従業員のトレーニング難易度や業務効率化に影響するため、どんな決済端末が使用できるのかを重視しましょう。

決済手数料について

決済手数料はほとんどの場合契約時に設定されます。売り上げが上がるほど比例して大きくなるコストのため、手数料の料率がなるべく低い決済代行会社を選ぶことがコストカットへの近道です。

入金のサイクル

売り上げの入金サイクルは、決済代行会社ごとに違いが出るポイントです。「月末締めの翌月◯日払い」など月1回程度の場合が多いですが、「最短◯営業日後」など入金の速さを強みとしている会社もあります。ただし、短い入金サイクルが有料オプションになっている場合もあるので、注意して確認しておきましょう。

サポート体制

サポートやトラブル時の対応が迅速であるかも重要です。困った時に連絡できるサポートダイヤルがあるか、対応可能時間は店舗の営業時間をカバーできているかなど、導入後に安心して利用するためのポイントをチェックしておきましょう。

これらのポイントを確認し、店舗・事業にとって最適かつ、安心して利用できるクレジットカード端末を選んでください。

安心の国内決済代行会社!EPARKペイメントサービスでクレジットカード決済を導入

記事用バナー_導入費用

クレジットカード決済を導入する際、どの決済代行会社を選ぶかは大きな決断ですよね。
EPARKペイメントサービスは、株式会社EPARKフィナンシャルパートナーズが運営する安心の国内決済代行会社です。EPARKペイメントサービスの特長と、サービスをおすすめする理由を紹介します。

決済手数料が業界最安水準!

業界最安水準のクレジットカード決済手数料で、お客様の利便性を高めつつ、コスト効率を向上させて利益を最大化できます。

初期費用が無料!

導入に際して初期費用は一切かかりません。
スムーズにクレジットカード決済を導入し、初期費用を心配せずにビジネスの成長に集中できます。

様々な決済ブランドが使える!

Visa、Mastercard、JCBなど、国際的なカードブランドをはじめとする多くの決済手段に対応!電子マネーなどその他の決済手段も取り揃えています。
幅広い顧客層に向けて売上を拡大するチャンスをつかめます。

豊富な決済端末!

ビジネスニーズに合わせて、さまざまなタイプの決済端末を提供しています。
オールインワン決済端末、モバイル端末、最新の非接触仕様、据え置き型など、最適な決済端末を提案可能です。

充実のサポート

EPARKペイメントサービスは、充実したサポート体制を整えています。トラブルが発生した際や疑問点がある場合、迅速かつ丁寧に対応可能です。
安心してクレジットカード決済を導入し、事業を成功に導きましょう。

あなたのビジネスに寄り添うEPARKペイメントサービス

EPARKペイメントサービスは、国内の決済代行会社です。安心感、コスト効率、豊富な対応決済ブランド、柔軟な決済端末、そして頼りになるサポートで、クレジットカード決済の導入を後押しします。

あなたのビジネスにEPARKペイメントサービスを取り入れて、成長を加速させましょう。

クレジットカード決済端末の導入時によくある質問

Q
クレジットカード決済端末(CAT端末)とは何ですか?
A

店舗でクレジットカードの決済処理を行うために使用する端末のことです。最新のものでは、一台の端末でクレジットカードだけでなくさまざまなキャッシュレス決済に対応しているものもあります。

Q
クレジットカード決済端末を導入するにはどうすればいいですか?
A

カード会社と直接契約するか、決済代行会社と契約することで導入できます。

詳しくはこちらをチェック

Q
無料で導入できるクレジットカード決済端末はありますか?
A

あります。決済端末を無料で提供している決済代行サービスを探してみましょう。

EPARKペイメントサービスでは、端末代金・初期費用・月額費用無料でクレジットカード決済の導入が可能です。

Q
Wi-Fiがなくてもクレジットカード決済端末を導入できますか?
A

できます。据え置き型の決済端末なら有線LAN対応のタイプも選択できます。

※「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
※本記事で紹介している情報は執筆時点のものであり、閲覧時点では変更になっている場合がございます。

タイトルとURLをコピーしました